本文へ移動

税金と諸費用

 

住宅購入時の諸費用はどのくらいかかるのでしょう?

住宅購入にあたって資金計画を練る際、忘れてはいけないものに「諸費用」があります。
住宅ローン以外にも下記のようなさまざまな費用がかかります。

 

諸費用は、基本的には現金で準備しなければなりません。
最近では、諸費用部分についても融資可能な住宅ローン商品が増えていますが、引越し代や家電・家具など購入費用も含めて、できる限りローンに頼ることのないような資金計画を立てておくことが大切です。

 

また、固定資産税などのように、毎年支払う費用もあるので、返済計画を立てる際には注意が必要です。

 

さて、この諸費用ですが、トータルでどの程度準備しておくべきかというと、目安としては以下のとおりです。
■新築物件では、物件価格の3~7%
■中古物件では、物件価格の6~10%
 (中古物件は一般に仲介手数料がかかるため、新築よりも多くなるのが通常です。)

 
 
上記以外にも、
・粗大ゴミの処分
・家具・家電の購入
・地鎮祭
・棟上式
・水道加入金
・建物の解体費用(建替えの場合)
・仮住まい費用(建替えの場合)
などの費用がかかる場合があります。
 
具体的な費用などについては、弊社までお気軽にお問い合わせください。
1
6
5
1
3
8
TOPへ戻る